So-net無料ブログ作成

「うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電」


うみのでんしゃ ぼくらの江ノ電 (のりものえほん)




次男、まだ文字が読めないというのに、びっくりするくらい兄ちゃんと同じ絵本を借りてきます。いろいろと趣味はかわりつつあるものの、やっぱり基本は鉄男みたいです。

16日には父親参観がありましたが、父ちゃんは年長の太郎担当だったので、母ちゃんは年少の次郎の教室へ。着いたとたん目に飛び込んできたのは、テンションあがりすぎたのか上履きくわえてほふく前進、周囲のお父さん方の失笑を買っている姿でした。これはいかん、と途中から父ちゃんにタッチ交代して、きっちりシメテもらったところいい子ちゃんで後半は頑張れたようです。次郎のすることはあまりにも太郎と違って、展開が読めませ〜ん。入園と同時に少し荒れてましたが(一日に噴火が必ず三回)ちょっと言葉が通じるようになったかな、と思うにつれ、ちょっと落ち着いてきました。「メガネく〜ん」と呼ぶと、「メガネくんじゃない!」と怒ってます。

太郎はスイミングに通いだしました。最初は嫌がって、直前の更衣室では水着を脱ぐ勢いで泣いてましたが、開始5分で先ほどの泣きが嘘みたいに良い笑顔。終わってすぐ「明日も行く!」というぐらい楽しかったようです。よく「子供のやりたいことをやらせてあげたら良い」と聞きますが、太郎に関しては「食わず嫌い100%」な子であることがよーく分かったので、これからはまずは太郎の意見はあんまり参考にせず(笑)何でもチャレンジさせてみようと思います。

花子は歩きも様になってきて、チャイルドシートやベビーカーを嫌がる時期を迎えています。しかし足が小さいので、11cmのクロックスもすぽすぽ抜ける。お父さん大好き、太郎大好き、その笑顔の使い分けがおそろしや〜。女子だからなのか、三番目だからなのか?食べることへの執着がすさまじく、食卓にご飯が並ぶやいなや自分で椅子によじ上り「(いただき)ます!」を連呼してスタンバイ。何でも食べるけど、まっ白いご飯はキライです。

今日は一日で二回も家の中でムカデに遭遇・・・。両方過去の教訓よりお湯でしとめたものの、ほんまにトラウマになりそうな出会いだった。頼むからもう出ないで〜〜〜!
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。